top of page

フォーチュン:ビットコインがウォーレン・バフェットに勝つ

Author: Jeff Roberts@フォーチュン, Compiler: 秦金



ウォール街の人々がますますビットコインに群がる中、批評家は年を取っている。その数はますます減少中。


「最初は無視され、次に笑われ、そして最後には批判される」という有名な言葉。これはガンジーの言葉と誤解されることが多いが、少なくとも1世紀以上前から何らかの形で循環している。近年、これは暗号通貨信者のための闘争の叫びとなっている。ただし、ビットコインに関しては、対抗したいと考えている強力な人々の数が急速に減少しており、デビッドとゴリアテを区別するのがますます難しくなっています。


Bloombergの新しい報告書がこれを明確にします。報告書は、ビットコインのかつてのウォール街のライバルの多くが、1月にビットコインスポットETFが承認された後、ビットコイン製品への大規模な流入に対応して、「彼らを倒せないなら、加われ」という姿勢を採用している様子を示しています。最近ビットコインに転向したのは、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチやウェルズ・ファーゴなどの大手の銀行も含まれています。


Bloombergによれば、最近数週間で仮想通貨が急上昇する中、ウォール街のかつての抵抗は薄れています。ビットコインは再び過去数年で老舗を驚かせる歴史的な高値に急騰しています。多くの学者にとっては、ビットコインの基礎的な需要は若者から年配者、富裕層から貧困層まで幅広く、非常に強力で安定しているため、ビットコインが資産クラスとして崩壊することはありません。


現在、ビットコインを完全に諦める意志がある高名な人物を見つけるのは難しいです。少なくとも社会保障の手当を受ける年齢に達していない人々も含まれます。これには「ビットコインはネズミの毒の2乗だ」と言う93歳のウォーレン・バフェットや、業界の厳しい74歳のエリザベス・ウォーレン上院議員も含まれます。現在、最も若い有名なビットコインの反対者は、67歳のJPMorgan ChaseのCEOであり、ビットコインを批判することが好きなジェイミー・ダイモンですが、自らの銀行は長年にわたりブロックチェーンの実験を行っています。


ビットコインの敵をより深く探ると、ビットコインのエネルギー消費に反対する環境保護主義者であることがわかります。彼らには一理あります。ビットコインは多くの電力を必要としますが、その多くは特に米国のビットコイン鉱夫によって供給される環境から来ています。緑の批評家は大手銀行よりも影響力が少なく、銀行はむしろビットコインの同盟者のように見えます。

一方で、ビットコインの人気は今後ますます高まります。なぜなら、BlackRockやFidelityのような企業が何百万もの投資家のポートフォリオに直接または間接的にビットコインを取り入れているからです。これらの新しいビットコイン保有者も他の投資家と同様に、彼らが持っている可能性のある哲学的な異議を一旦置いて、単にビットコインの価格が上がることを期待するでしょう。


最後に、ビットコインの敵になると、最後のボスは日に日に手ごわくなっています。ここで言う「大ボス」とは、暗号通貨に対して本物のトラブルを引き起こす可能性のある国家です。ただし、若い政治家は70歳や80歳の政治家よりもビットコインに対して楽観的であり、直接ビットコインを保有していることさえあります。これにより、国々が「ビットコインを禁止」することが難しくなります。同時に、一部の国が既にグローバルな準備資産として小規模なビットコインポジションを蓄積している可能性があることに驚かないでください。


最も重要なことは、ビットコインが多くの強力な批評家に打ち勝ち、再びそれが残ることを証明したことです。

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page