top of page

iSunOne Global Visa カードを安全に利用するための必須ポイント

iSunOne Global Visa カードを使用する際は、資産とプライバシーを保護するために以下のガイドラインに従ってください。


1. カード番号とiSunOneアカウントのパスワードを誰とも共有しないでください。カード番号とiSunOneアカウントのパスワードを保護するためのいくつかの提案は以下のとおりです。

  • カード番号やパスワードを紙に書いたり、携帯電話のメモに入力したりしないでください。他の人に見られたり盗まれたりする恐れがあります。

  • カードやパスワードを電子メールやクラウドストレージに保存しないでください。ハッカーに盗まれる可能性があります。

  • カフェ、図書館、店舗などの公共の場で、公共のネットワークを使用してiSunOneにログインしたりカード番号を入力したりしないでください。ハッカーや他の犯罪者に盗まれる可能性があります。

  • オンラインで取引を行う際は、コンピュータデバイスにウイルス対策ソフトウェアとファイアウォールがあることを確認してください。これにより、ウイルスやハッカーの攻撃から保護されます。

  • iSunOneのパスワードは、iSunOneのアカウント専用に使用してください。また、iSunOneアカウントに登録されているメールにも別のパスワードを設定してください。推測されにくいパスワードを作成し、パスワードマネージャーを使用する。

  • パスワードが漏洩した可能性があると疑われる場合は、特に定期的にパスワードを変更してください。


2. カード番号とパスワードは、信頼できる安全なウェブサイトでのみ使用してください。

Global Visa カードをオンラインで利用する際は、訪れるウェブサイトがhttpsで始まることを確認してください。HTTPSプロトコルは、ウェブサイトとユーザー間の通信を保護し、データが送信中にハッカーや盗聴者によって盗まれたり改ざんされたりしないようにするための安全な暗号化プロトコルです。これは、HTTPSがSSL(Secure Socket Layer)暗号化技術を使用しており、データを暗号化し、サーバーの身元を確認するからです。HTTPSプロトコルを使用してウェブサイトにアクセスすると、ブラウザに小さな鍵アイコンが表示され、サイトが安全であることを示します。これにより、入力した個人情報やクレジットカード情報が送信中にハッカーや他の悪意のあるユーザーによって傍受や改ざんされないことが保証されます。


また、Global Visa カードでオンライン取引を行う際、一部のウェブサイトではコンピュータにCookieが保存されることがあります。Cookie(HTTP Cookie、Web Cookie、ブラウザCookieとも呼ばれます)は、小さなテキストファイルであり、ユーザがウェブサイトにアクセスすると、ウェブサイトはCookieをユーザのブラウザに送信し、ユーザのコンピュータに保存されます。その後、ユーザが再びそのウェブサイトにアクセスすると、ブラウザはCookieをウェブサイトに送り返し、ウェブサイトがユーザの好みや行動を理解し、より良い体験を提供するのに役立ちます。Cookieは通常、ユーザのログイン情報、ショッピングカートの内容、広告の設定などの情報を保存するために使用されます。ほとんどのCookieは無害ですが、一部のCookieはユーザの活動を追跡するために使用され、ユーザのプライバシーに潜在的なリスクをもたらす可能性があります。プライバシーを確保するために、定期的にブラウザのCookieとキャッシュを消去することが重要です。


3. 定期的にiSunOne公式ウェブサイトまたはアプリにログインし、詳細な取引履歴を確認して、資産が無許可で移転や取引されていないことを確認してください。


もし、Global Visa カードが不正使用されたと疑われる場合は、すぐにiSunOneカスタマーサービスに通知してください。そうすることで、iSunOneが迅速に必要な措置を講じてアカウントを保護できます。



最新記事

すべて表示

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page