top of page

数百億の収益!ChatGPTの商業化への道

この記事は、以下の記事を参考にしていました:《營收百億,大漲4,500%,ChatGPT的商業化之路


ChatGPTの商業化は業界内でも注目を集めているが、「良いがイマイチ」という状況は過去のもののようです。 The Informationが関係筋の話を引用して伝えたところによると、OpenAIのCEOであるサム・アルトマンは今週、OpenAIの年間収益が13億米ドルに達したことを従業員に明かしたという。 これは、OpenAIの平均月収が1億ドルを超えたことを意味し、今年の夏から30%増加したことになりました。 特筆すべきは、OpenAIの今夏の年間収益だけで100億ドルに上ることが明らかになったことです。 この急成長は、主にChatGPTのユーザー購読に起因しており、OpenAIの収益は、2月に有料版が開始されて以来、上昇を続けています。


昨年を振り返ると、OpenAIの年間売上高はわずか2800万ドルに過ぎなかったが、今年はその数字が13億ドルに達し、年間4500%以上の伸びを示しています。ChatGPTのリリースにより、OpenAIはジェネレーティブAI分野のベンチマークとなり、その大規模モデルは様々な生活や産業シーンに急速に統合され、大きな商業的成長をもたらし、AI業界全体に強力な勢いを注入しています。


アルトマンは、OpenAIの年間売上高は以前の予想をはるかに上回ると述べました。 当初、彼はOpenAIの年間収益は2023年に2億ドル、2024年には10億ドルに達すると予測していました。 しかし、今年9月、彼は年間収益予測を再び上方修正し、数十億ドルに乗せました。 この数字はまた新たな記録を作り上げることになりました。


今年8月末以降、ChatGPTのデイリーアクティブユーザー数、平均滞在時間、1日の総訪問者数が増加しています。 市場情報会社Appfiguresによると、ChatGPTはモバイルにおけるアプリのインストール数と収益の伸びで新記録を樹立した。 全世界で、同社のiOSおよびAndroidアプリは1,560万回ダウンロードされ、約460万ドルの収益を生み出しました。 6月の210万ドル、7月の274万ドル、8月の381万ドルと、ChatGPTの総収入は上昇しています。 さらに、OpenAIは、API(Application Programming Interface)コールの有料モデルを通じて、AIモデルへのAPIアクセスを開発者や企業に直接販売しており、これらのコンピューティングサポートはマイクロソフトのクラウドサーバーによって提供されています。


ChatGPTのような製品を常に更新することで、 OpenAIは、トークンによる課金というこれまでの低価格、低頻度のAPIモデルから、より高価格で粘着性のある2Bのサブスクリプション料と多様なカスタマイズされたソリューションへと移行しようとしています。


注目すべきは、OpenAIの昨年通年の売上が2800万ドルに過ぎなかったのに対し、現在の年換算売上は昨年の45倍にまで成長していることです。


一方、アルトマンはシェアリング・セッションで新興企業へのアドバイスを話した。 彼は、OpenAIモデルを使ってイノベーションを起こすだけの企業は、生き残る余地が限られていると強調した。 アルトマンは、UIデザインを例にとり、ユーザーインターフェイスデザインでChatGPTよりわずかに優れているだけの企業は、革新的とはみなされないと指摘した。OpenAI自体も継続的にインターフェイスを改良しており、UIを重視する企業が持続的な競争優位を確立するのは難しい。 今後のイノベーションは、小さな問題の解決やユーザーインターフェースの最適化だけでなく、技術やモデルのブレークスルーに焦点を当てるべきだと彼は考えています。


アルトマンはまた、医療や教育におけるAIの応用の可能性についても話した。 彼は、グーグルのAI医療モデルMed-PaLMがネイチャー誌に掲載された功績のように、優れたAI医療アシスタントが社会に大きな利益をもたらす可能性があると考えています。 さらにアルトマンは、個別教育におけるAIの活用についても楽観的で、生徒一人ひとりにカスタマイズされた指導やガイダンスを提供するAI家庭教師を提供するとした。 このような高度にパーソナライズされたAIコーチは、教育の質を大規模に向上させることが期待されています。


アルトマンは、OpenAIの成功は、他の企業、特にOpenAIのモデルを単に適用した企業が容易に成功できることを意味するものではないと考えています。 実際、OpenAIの驚異的な成功は、その独自の道筋と戦略によるものであります。


OpenAIに比べ、もうひとつのスターAI研究組織であるグーグル・ディープマインドは衰退の兆しを見せています。 英国政府が提出した資料によると、ディープマインドの昨年の売上と利益は急減し、売上は10億8100万ポンド(約13億2900万米ドル)で年間20.8%減、利益は6090万ポンド(約7490万米ドル)で前年同期比40%減となった。 これ以前、ディープマインドはAlphaGo、AlphaGo Zero、MuZeroなどの優れたAIモデルやAlphaFoldなどの画期的な研究で知られていたが、これらの研究分野はAIと科学とゲームの中間に位置し、高投資低リターン戦略を採用しており、近年は親会社であるアルファベットの資金援助に大きく依存しています。 同社は近年、親会社アルファベットからの資金援助に大きく依存しています。 昨年の業績不振は、ディープマインドのビジネスモデルに対する警告となりました。


マイクロソフトもまた、初のジェネレーティブAI製品で問題を抱えています。 この問題に詳しい情報筋が明らかにしたところによると、マイクロソフトは、プログラマーがパートナーであるOpenAIのAI技術の助けを借りてコードを作成、修正、翻訳するのを支援するGitHub Copilotサービスの立ち上げで損失を出しています。 同サービスは運営コストが高いため赤字となっています。 全体的に、ジェネレーティブAI分野への投資や融資は低調で、大企業だけでなく、レイオフや収益予想の削減を発表する新興企業もあります。


OpenAIは目覚ましい商業的成功を収めたが、進歩を止めたわけでもありません。 オットマンは、将来、大きなモデルは複数のモードでエクスポートする機能を持たなければならず、OpenAIは現在、その準備を積極的に進めています。


 

iSunOne Global Visa カードは、デジタルドルUSDT、USDCを無制限にリロードできるプリペイドカードです。 ChatGPT Plusのサブスクリプションの支払いであろうと、Amazonや楽天市場などのEコマースプラットフォームでの直接購入であろうと、テスト済みで制限はありません。 iSunOneは、米国でのコンプライアンス・プロセスに精通しているため、近い将来、カード・ヘッドが無効化される心配はありません。


閲覧数:1回

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page