top of page

プリペイドカードとクレジットカード、どちらを選ぶべきか?

デビットカードとは異なり、プリペイドカードは通常、クレジットヒストリーや銀行口座が必要とされず、カードホルダーがカードを使用する前に一定額をカードに入金する必要があり、その後、カード内の残高を使用して購入を行います。カード発行者は、通常、プリペイドカードに一回の支払いで許容される金額を制限しますが、総支払い額は通常無制限であり、通常金利手数料や収益は発生しません。カードホルダーは、必要に応じてカードの残高を再チャージし、支出行動をより良くコントロールすることができます。


クレジットカードは、銀行または金融機関がカードホルダーの信用履歴と財務状況に基づいてクレジット枠を提供する信用商品であり、財務ツールでもあります。クレジットカードを取得するには、通常、使用できる銀行口座が必要です。クレジットカードホルダーは、一定期間、クレジット枠内で好きなだけ費用をかけることができ、それによって、ユーザーがコントロールを失い、当座貸越やデフォルトなどの問題を引き起こしやすくなります。カードホルダーは、期限内に支払いを行い、一定額の金利手数料を支払う必要があります。また、クレジットカードは、クレジットカードプログラムや方針によっては、年会費などの料金がかかる場合があります。


プリペイドカードは、銀行口座を必要とせず、カード所有者がカードにあらかじめ入金した金額を使って買い物をする独立した決済手段です。クレジットカードに比べて、信用リスクが低いものの、詐欺やスキミングなどのリスクが存在します。特に、安全な暗号化技術を使用していない加盟店や認証されていない加盟店での購入は、決済の過程で資金や個人情報の紛失・漏洩が発生する可能性があるため、注意が必要です。したがって、プリペイドカードを利用する場合、カード所有者は、カードの残高を定期的に確認し、利用履歴を速やかに確認し、異常があればカード発行会社に連絡するなど、カードのセキュリティと取引のコンプライアンスを守ることが必要です。また、スマートフォンなどのモバイル端末でプリペイドカードを利用する場合、パスワードや指紋など複数のセキュリティ認証方法を設定することで、カードのセキュリティを強化することができます。


iSunOneでは、米ドルベースのVisaプリペイドカードである「iSunOne Global Card」機能も提供しています。iSunOne Global Card」では、デジタルドルを直接カードに追加することで、上乗せ手数料や年会費がゼロで、迅速かつ簡単に上乗せ手続きを行うことができ、より柔軟で便利かつ安全な支出体験を楽しむことができます。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page