top of page

Amazonギフトカードの購入にデジタルドルを利用するメリット

Amazonは、1994年にジェフ・ベゾスによって設立された、シアトルに本社を置く世界的なEコマース企業です。オンライン書店から始まり、現在では書籍、音楽、映画、電子機器、衣類、家庭用品、食品など、多岐にわたるカテゴリの商品を取り扱う包括的なオンラインショッピングプラットフォームに発展しました。また、クラウドコンピューティング、デジタルメディア、人工知能、物流などの各種サービスも提供しています。


Amazonのビジネスモデルは、主にAmazon自体と第三者の販売者による商品のオンライン販売に焦点を当てています。Amazonは、グローバルな購入、即時配送、ワンクリック注文などの便利なサービスを提供し、消費者からの信頼と人気を得ています。商品のオンライン販売だけでなく、Amazonは世界最大のクラウドコンピューティングサービスプラットフォームであるAmazon Web Services(AWS)も所有しています。これは、インフラストラクチャやクラウドサービスなどの技術サポートを提供し、計算、ストレージ、データベース、セキュリティ、分析などの各種ソリューションを提供しており、ユーザーから広く歓迎されています。


Amazonはまた、自社の金融サービス部門も持っており、支払い、貸付、投資などの金融サービスを提供し、ユーザーにより便利な消費体験を提供しています。その中でも、AmazonギフトカードはAmazon自体が発行するプリペイドカードであり、Amazonの主要な製品の一つでもあります。Amazonギフトカードを購入することで、ユーザーはAmazonプラットフォーム上で商品やサービスを購入したり、ギフトとして贈ったりすることができます。ギフトカードは柔軟性があり、便利で、多くの消費者や投資家の選択です。


暗号通貨取引はある程度の匿名性があり、Amazonギフトカードの購入と使用はユーザーが実際の個人情報を提供する必要がないため、直接法定支払い方法を使用してAmazonのEコマースプラットフォームで購入するよりも、多くの暗号通貨投資家は第三者プラットフォームでAmazonギフトカードを購入し、暗号通貨で支払うことを選びます。


Amazonギフトカードを第三者プラットフォームから購入する際、ユーザーは一定のプラットフォーム取引手数料と手数料を支払う必要があります。以下に、一部の一般的な第三者プラットフォームとその手数料率を示します:


  • Purse.io:Purse.ioは暗号通貨決済プラットフォームで、ユーザーはBitcoinとBitcoin CashでAmazonギフトカードを購入することができます。プラットフォームの取引手数料は、ユーザーが選択した支払い方法と取引量により、0.5%から1%の範囲です。

  • Bitrefill:Bitrefillはデジタル通貨の充電と消費サービスを提供するプラットフォームで、ユーザーはBitcoin、Ethereum、Litecoinなどのデジタル通貨でAmazonギフトカードを購入することができます。プラットフォームの取引手数料は2%で、追加の手数料は必要ありません。

  • CoinCards::CoinCardsは暗号通貨を使用したギフトカード購入サービスを提供するプラットフォームで、ユーザーはBitcoin、Litecoin、Ethereumなどのデジタル通貨でAmazonギフトカードを購入することができます。プラットフォームの取引手数料は、ユーザーが選択した支払い方法と取引量により、2.5%から5%の範囲です。

  • eGifter:eGifterはデジタルギフトカード購入サービスを提供するプラットフォームで、ユーザーはBitcoin、Ethereumなどのデジタル通貨でAmazonギフトカードを購入することができます。プラットフォームの取引手数料は3%で、追加の手数料は必要ありません。


上記の取引手数料と手数料は参考のためのものであり、各プラットフォームの運営ポリシーに基づいていつでも調整される可能性があります。各取引プラットフォームの公式ウェブサイトで最新の手数料詳細を確認してください。同時に、これらの取引プラットフォームは、中間市場レートよりも大幅に高い為替レートを持っています。例えば、Amazonギフトカードを購入する場合、これらのプラットフォームで実際に消費されるコストをUSドルに換算すると、一次購入価格よりも10%以上高くなります。暗号通貨自体も価値の変動が大きいです。最大の市場シェアと最も信頼性のあるビットコインを例にとると、その価格トレンドは2020年初めの約5,000ドルから2021年の約70,000ドル、そして現在の約20,000ドルまで変動しています。投資家は常に暗号通貨の価格トレンドに注意を払い、暗号通貨投資のリスクを慎重に取り扱う必要があります。暗号通貨の価値の変動性は、多くの投資家が投資以外の目的で一般的な暗号通貨資産を使用することをためらわせています。


それに対して、デジタルドルのUSDT/USDCは、ブロックチェーン技術に基づく中央集権型の暗号通貨です。USDT/USDCの発行者は、同等の額のUSドルの準備を持っており、その価値はUSドルにアンカーされているため、その価値は安定しています。つまり、1 USDT/USDC = 1 USドルであり、USドルとの為替レートは比較的一定です。したがって、暗号通貨投資家は消費のために安定したデジタルドルを使用することを好む傾向にあります。


iSunOne Global Visa Cardを使用すれば、ユーザーは直接無制限にリチャージすることができます。各リチャージは最大25,000米ドルまで可能です。リチャージと消費を続けることで、USDTとUSDCを直接使うという極めて便利な体験を享受することができます。デジタル通貨決済は避けられない未来のトレンドであると私たちは信じており、iSunOneは常にユーザーに最高のデジタル通貨決済サービスを提供することに努めています。


最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page